関西アーバン銀行

金融機関コード
0554

  1. HOME(個人のお客さま)
  2. 反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与対策ポリシー

反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与対策ポリシー

株式会社 関西アーバン銀行
株式会社関西アーバン銀行(以下、「当行」といいます)は、コンプライアンスを「法令、ルールはもとより社会規範を遵守すること」と定義し、コンプライアンスを経営の最重要課題の一つと位置づけ、銀行の"社会的責任と公共的使命"を強く認識し、お客さまや社会からの信頼をより強固なものにするため、コンプライアンスの徹底に取り組んでいます。

その一環として、当行では、適用法令等を遵守するため、反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与に係る方針及び手続を定めています。

1.組織体制

当行取締役会は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の効果的な防止態勢構築に責任を持って対応いたします。
当行は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止のため、マネー・ローンダリング等防止統括責任者を定め、総務部をマネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止に係る所管部として定めています。
総務部は、反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与に係る業務計画の管理、並びにその方針及び手続の制定において中心的な役割を担い、当行の経営会議に報告を行います。

2.本人確認

当行は、顧客のリスクに応じて、本人確認及び顧客デューデリジェンスを実施し、必要に応じて、真の受益者の確認についても実施いたします。
当行は、新規顧客との取引関係構築時のデューデリジェンスに加え、必要に応じて、顧客との取引関係を通じた継続的なデューデリジェンスを実施いたします。
当行は、顧客デューデリジェンスにおいて、虚偽の個人情報を使用するなどの不適切な顧客との取引関係の排除に努めております。

3.取引モニタリング

当行は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止のため、取引モニタリングを実施いたします。

4.疑わしい取引の届出

当行は、取引モニタリングにおいて検知された「疑わしい取引」を、行内において適切に処理及び報告いたします。
当行は、取引モニタリングにおいて検知された「疑わしい取引」を、当局に対して速やかに届出いたします。

5.経済制裁及び資産凍結

当行は、経済制裁法規制に関する適用法令等の趣旨を理解し、当行の全役員及び従業員は、当行の定める関連する方針及び手続を遵守いたします。
当行は、適用される経済制裁リストを使用して、顧客及び取引に関するスクリーニングを実施いたします。
当行は、資産凍結に関する適用法令等に従い、当局により指定された法人及び個人に対する資産凍結の措置を実施いたします。

6.贈収賄及び汚職防止

当行は、贈収賄の禁止に関する適用法令等の趣旨を理解し、当行の全役員及び従業員は、当行の定める関連する方針及び手続を遵守いたします。

7.コルレス先及びシェルバンク

当行は、コルレス先の情報収集及びその評価を適切に行い、必要に応じて、コルレス先のリスクに応じた適切なリスク対応策を講じます。
当行では、シェルバンク(実態のない銀行)との関係を構築することを禁止しています。

8.リスク評価

当行は、リスクベース・アプローチの考え方に則り、当行におけるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係るリスク評価を適時適切に実施いたします。

9.研修

当行は、反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与に係る当行の方針及び手続、並びに関連法令等の理解と重要性の意識醸成のため、全役員及び従業員に対する定期研修を実施いたします。

10.記録保存

当行は、適用法令等を遵守した、記録保存に関する方針及び手続を定めています。

11.監査

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止態勢確保のため、当行では、独立した監査人による、反マネー・ローンダリング及び反テロ資金供与に係る当行の方針及び手続、並びに適用法令等の遵守状況のモニタリングを行います。
ページトップへ