ご注意ください

ご注意ください

前のページへ戻る

還付金詐欺にご注意ください

最近、当行の職員や市役所職員を装って電話をかけ、医療費、保険料、税金が還付されます等、払いすぎたお金が返還されるので、携帯電話を持ってATMに行くように誘導し、被害者が指示された電話番号に電話すると、言葉巧みにATMを操作させられ、知らないうちにお金を振り込みさせるといった悪質な還付金詐欺事件が多発しています。

上記のようなATMによる保険料等の還付は絶対にありませんので、被害に遭われないようにご注意ください。

お客さまからの現金、通帳等のお預かりについて

当行の職員が、お客さまのご自宅や会社等を訪問し、現金、通帳その他の書類等をお預かりする際には、必ず当行所定の受領証である「領収書兼預り証」を発行し、お渡しいたします。
「領収書兼預り証」は、現金、通帳その他の書類等をお客さまからお預かりしたことの大切な証となりますので、「領収書兼預り証」をお渡しした際には、記載内容に間違いがないかどうか十分にご確認くださいますようお願い申しあげます。
また、「領収書兼預り証」は、後日、当行の職員がお客さまへ通帳その他の書類等をご返却、または現金をお届けする際に必要になりますので、大切に保管してください。

ご不明な点がございましたら、お取引店までご連絡ください。

金融機関等を装う電子メールにご注意ください

最近、実在の金融機関等を装って電子メールを送付し、メールを受信されたお客さまをその金融機関とはまったく関係のない虚偽のページにアクセスさせ、暗証番号などの重要な情報を入力させることにより、個人情報を取得するという悪質な詐欺事件が発生しています(フィッシング詐欺)。
現時点では弊行の偽のホームページを用いた詐欺が行われたという報告はありませんが、心あたりのない配信元からの電子メールのリンク先ウェブサイトへは、暗証番号などの重要な情報を入力なさらないようご注意ください。

「クレジットカードの現金化」を案内するウェブサイトにご注意ください

当行の商標・商号を無断使用し、「クレジットカードの現金化」を案内するウェブサイトにご注意ください。

  

クレジットカードのショッピング枠の現金化(※)を案内するウェブサイトに「クレカショッピング枠関西アーバン銀行」等、当行の商標・商号を無断使用しているものがございますが、当行は当サイトと一切関係ございません。当行がクレジットカードのショッピング枠の現金化を勧誘することは一切ございません。ご注意くださいますようご案内申しあげます。

※「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することでありますが、クレジットカード会社はこれらの行為を認めておりません。

キャッシュカードを安全にご利用いただくために

最近、キャッシュカードの盗難等の際、財布の中の運転免許証などから暗証番号を推測され、ATMで現金を不正に引き出される被害が発生しているようです。
キャッシュカードを安全にご利用いただくために、以下の点にご注意ください。

  • 生年月日・電話番号・住所の番地・単純な数字の組み合わせなど、他人に推測されやすい番号はお避けください。このような番号を指定されている方は、今すぐ暗証番号変更のお手続きを行ってください。暗証番号の変更は弊行のATMでお手続きできます。
  • 暗証番号は他人に知られないよう、十分にご注意ください。また、ATMをご利用の際は、後ろからのぞき見されないようにご注意ください。また、不審だと感じられた場合は、すぐに暗証番号変更のお手続きを行ってください。暗証番号の変更は弊行のATMでお手続きできます。
  • 暗証番号を記載したメモや、暗証番号を推測される手がかりとなるものは、カードと一緒に保管しないでください
  • 通帳や印鑑はもちろんのこと、キャッシュカードやご本人であることを示す各種資料(運転免許証・パスポート等)についても、別々にかつ厳重に保管いただくようお願いします。
  • 行員が店舗外や電話等でカードの暗証番号をお尋ねすることはございません。ご不審の場合には、すぐに、お取引店にご照会ください。
  • 万一、通帳・印鑑・キャッシュカードのいずれか一つでも紛失された場合には、直ちにお取引店にご連絡ください。

金融機関を装ったCD−ROMの配布にご注意ください

最近、スパイウェア(※)等を使ってお客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワード等を不正に取得し、振込出金するという事件が発生しております。
また、ある金融機関を装って送付されたCD−ROMをお客さまのパソコンにインストールすることで、同様な被害が発生しております。現在のところ、当行のお客さまの被害は発生しておりませんが、「関西アーバンダイレクトバンキングサービス」をご利用のお客さまは、被害に遭わないように以下内容をご注意いただきますようお願い申し上げます。尚、弊行からお客さまへCD−ROM等のソフトを送付することはございませんが、不審な場合は下記(4)のダイレクトバンキングセンターまでご連絡ください。

  1. (1)

    スパイウェアの侵入を防ぐために、みだりにフリーソフトをダウンロード・インストールしたり、不審なCD−ROMを使用したり、心当たりのない発信元からのメール添付ファイルを不用意に開いたり、不審なWEBサイトにアクセスしないようご注意ください。

  2. (2)

    OSやブラウザに最新の修正プログラムを適用してください。

  3. (3)

    スパイウェアに対応したセキュリティソフト(アンチウィルスソフト等)のご利用をおすすめします。

  4. (4)

    お取引明細をご確認いただき、不審な取引がある場合はダイレクトバンキングセンター(0120-372-140)までご連絡ください。

  5. (5)

    お振込のご依頼やログインIDの変更等を受け付けましたときには、ご登録いただいたメールアドレスに通知メールをお送りしています。内容にお心当たりがない場合はダイレクトバンキングセンター(0120-372-140)までご連絡ください。

  6. (6)

    CD−ROMやメール添付ファイルに不正なプログラムが書き込まれていることが判明した場合は、警視庁ハイテク犯罪対策総合センター(03-3581-4321)または最寄の警察署へご相談ください。

※スパイウェア…パソコンに保存されている情報や入力されている情報や入力したキーワード等を、利用者が気付かないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまうプログラムのことです。

前のページへ戻る


ページの先頭へ