関西アーバン銀行

金融機関コード
0554

  1. HOME(個人のお客さま)
  2. お知らせ一覧
  3. 「特定個人情報の利用目的について」の改定について

「特定個人情報の利用目的について」の改定について

  • 2017年08月15日
  • お知らせ

株式会社関西アーバン銀行(以下「当行」といいます。)は、個人情報保護法第15条第2項および第18条第3項を踏まえ、当行の個人番号および個人番号をその内容に含む個人情報の利用目的を以下のとおり追記することをお知らせいたします(下線部分を追記します)。なお、変更日は、預貯金口座付番(※)が開始される2018年1月1日からといたしますので、申し添えます。


●お客さま等の特定個人情報の取扱いについて
当行は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」といいます)等に基づき、次のとおり、お客さま等の個人番号および個人番号をその内容に含む個人情報(以下「特定個人情報」といいます)を取扱います。

(中略)

●2.特定個人情報の利用目的について
当行は、お客さま等の個人番号を取得するに当たり、その利用目的を通知、公表または明示するとともに、その利用目的の達成に必要な範囲内においてこれを取扱います。個人番号について、番号法で認められている利用目的以外では利用しません。当行の個人番号の利用目的については、以下のとおりです。
(1)利子等に関する法定書類作成事務
(2)金融商品取引に関する法定書類作成事務
(3)金融商品取引に関する口座開設の申請・届出事務
(4)証券代行業務に関する法定書類作成事務
(5)生命保険契約等に関する法定書類作成事務
(6)損害保険契約等に関する法定書類作成事務
(7)株式等または信託受益権の譲渡の支払取引に関する法定書類作成事務
(8)先物取引に関する法定書類作成事務
(9)金地金等取引に関する法定書類作成事務
(10)非課税貯蓄制度等の適用に関する事務
(11)信託取引に関する法定書類作成事務
(12)国外送金等取引に関する法定書類作成事務
(13)報酬等支払に関する法定書類作成事務
(14)不動産の使用料等の支払調書作成事務
(15)不動産等の譲受けの対価の支払調書作成事務
(16)不動産等の売買または貸付けのあっせん手数料の支払調書作成事務
(17)預貯金口座付番に関する事務

〈以下、省略〉
(※)2015年9月に改正された「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、その他関連法令に基づき 、預貯金口座を個人番号と紐付けることです。

〈ご参照〉
『一般社団法人全国銀行協会』のページへ

『内閣官房』のページへ

ページトップへ