関西アーバン銀行

金融機関コード
0554

トップメッセージ

橋本頭取写真

 皆さまには、平素より温かいご支援、お引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。

 私ども関西アーバン銀行は、「地域に密着した真に一流のリージョナルバンクへの挑戦」「高い経営効率と強靭な経営体力の構築」「活力溢れる逞しい人材集団の形成」の3点を経営方針として掲げ、地域に根ざした商圏内でのお客さまとのリレーション構築に注力するとともに、中小企業・個人金融を中心としたリテールバンキングに取り組んでおります。

 平成29年度上半期を振り返りますと、わが国経済は、海外経済の回復や企業収益の改善が下支えとなり、緩やかな回復が続きました。金融業界におきましては、日本銀行のマイナス金利政策の影響で利鞘の縮小が進み、厳しい経営環境が続いております。

 このような環境の中で、当行は「関西をもっと元気に! 」をスローガンとして、地域のお客さまのお役に立つ営業に徹した結果、平成29年度中間期の業績は、中間純利益が計画を上回る70億円となり、順調な成果をあげることができました。

 当行は、株式会社りそなホールディングスが設立する中間持株会社「株式会社関西みらいフィナンシャルグループ」の下に、当行、株式会社みなと銀行及び株式会社近畿大阪銀行が結集する経営統合を平成30年4月に行いました。本統合により、統合する各社が長年培ってきたお客さま及び地域社会との関係を深化させるとともに、職員が大きなやりがいと誇りを持って働く、本邦有数にして関西最大の地域金融グループとして、「関西の未来とともに歩む新たなリテール金融サービスモデル」の構築を目指してまいります。

 なにとぞ、今後とも、より一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

平成30年4月
取締役会長兼頭取 橋本 和正

ページトップへ