関西アーバン銀行

金融機関コード
0554

住宅ローン金利について

住宅ローンの金利には「変動金利型」・「固定金利選択型」・「固定金利型」があります。

  変動金利型 固定金利選択型 固定金利型
適用金利 一定のルールで金利が見直される 借りた時点で固定金利特約期間中の金利が決まっている 借りた時点で完済までの金利が決まっている
金利水準 一般的に固定金利型、
固定金利選択型より低い
一般的に固定金利型より低い
(固定金利特約期間により異なる)
現在は変動金利型とくらべ、一般的に高い
返済額 金利変動により変わる可能性あり 固定金利特約期間中一定
(特約期間終了ごとに見直し)
完済まで一定
現在は固定金利型よりも一般的に変動金利型のほうが当初の返済額は少なくなりますが、変動金利型は将来金利が上がった場合には、返済額が増えることもあります。
変動金利型、固定金利選択型、固定金利型それぞれのメリットとデメリットを理解しながら、金利タイプの選択を考えていくことが必要になるでしょう。

変動金利型の返済方法

金利の設定

利率の変更の基準日を4月1日、10月1日の毎年2回と定め、4月1日と10月1日、10月1日と翌年4月1日の基準金利とを比較して、利率差が生じた場合、その差と同幅で借入利率が変動します。
ただし、借入後最初の見直しでは貸出日の基準日(毎年3月1日と9月1日)現在の基準金利と貸出後最初の貸出利率の変更の基準日(4月1日または10月1日)の基準金利とを比較して、利率差が生じた場合、その差と同幅で借入利率が変動します。

返済方法

【毎月元利均等返済】(元金の最大40%までボーナス併用返済可)

  • 毎回のご返済額はお借入後5回目の10月1日を基準とする利率の見直し時まで変わりません(毎回のご返済額中の元金と利息の割合は変化します)。
  • 第1回目の見直し以降は5年ごとに再計算し、新しく毎回のご返済額を定めます。
    ただし、金利が上昇しても新しい返済額は前回のご返済額の125%以内となります。
  • 計算上の毎回返済額が前回の毎回返済額の125%を超える部分については、次回のご返済額見直し時に調整されます。
  • 5年ごとの最終の返済額変更後、借入利率の変更等により、最終のご返済額による返済で最終期日までに返済が完了しない場合には、残債務について最終期日に一括してご返済となります。
変動金利の返済方法

固定金利選択型の返済方法

金利の設定

  • お借入時に選択された特約期間(3年・5年・7年・10年)は、固定金利特約期間となります。
  • 固定金利特約期間終了後は、直前の4月1日、10月1日時点の当行の定めるローン基準金利を基準とする変動金利型の住宅ローン利率となります。
  • 固定金利特約期間終了日の2営業日前までにお取引店でお手続きいただくことで、(継続契約日時点における)店頭表示の固定金利選択型金利にて特約期間の再設定も可能です。

返済方法

【毎月元利均等返済】(元金の最大40%までボーナス併用返済可)

  • 固定金利特約期間中は毎回のご返済額は変わりません。
  • 固定金利特約期間終了日の翌日よりお客さまにご選択いただいた金利設定方式に応じてご返済額を見直しします。
  • 変動金利型移行後については、変動金利型の返済方法をご覧ください。
固定金利選択型の返済方法

固定金利型の返済方法

返済期間のはじめから終わりまで金利が固定されていて、完済まで一定額を返済します。
途中で金利が上がる段階金利制もあります。
※当行での取扱はございません。
固定金利の返済方法
ご返済のイメージ図
  • 固定金利特約期間終了時(固定金利特約期間終了日の2営業日前までにお取引店でお手続きいただいた場合)に固定金利特約期間を再設定することが可能です。
(ご注意)上記記載内容につきましては、当行で新たに住宅ローンをご利用いただく場合のルールを記載しております(なお、当行では固定金利型の取扱はございません)。

■住宅ローンの基礎知識

■住宅購入の基礎知識

ページトップへ