関西アーバン銀行

金融機関コード
0554

大口定期預金

平成25年1月4日現在適用中

愛称 大口定期預金
商品名 自由金利型定期預金
ご利用可能な方 個人および法人のお客さま
お預け入れ期間
  • 定型方式
    1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、8年、9年、10年
  • 満期日指定方式 1ヵ月超 10年未満
  • 定型方式の場合はお預け入れ時のお申し出により自動継続型(元利継続式または利払式)のお取扱いができます(店頭表示以外の利率で約定した場合を除きます)。
  • お預け入れ時に自動継続型をお申し込みの場合、満期日に前回と同一の期間で自動的に継続します。
※元利継続式は中間利払日にお支払いしたお利息を除く満期日のお利息と元金が対象になります。
お預け入れ方法 (1)お預け入れ方法 : 一括のお預け入れとなります。
(2)お預け入れ金額 : 1,000万円以上とします。
(3)お預け入れ単位 : 1円単位とします。
お引き出し方法 満期日以後に一括してのお引き出しとなります。
お利息 (1)適用金利
  • お預け入れ時の店頭表示の利率を満期日まで適用します。
    店頭表示以外の利率で約定した場合には、その利率を満期日まで適用します。
  • 自動継続後の適用金利は、原則として満期日当日の本定期預金の店頭表示金利となります。
  • 満期日(自動継続型の場合を除きます)を過ぎてから解約される場合には、満期日からご解約日までの利率については、ご解約日の普通預金利率を適用します。

(2)利払頻度
お預け入れ期間2年未満のものは、満期日以後に一括してお支払いします。お預け入れ期間2年以上のものは、中間利払日(お預け入れ日から満期日の1年前の応当日までの間に到来するお預け入れ日の1年毎の応当日)以後および満期日以後に分割してお支払いします。
なお、中間利払日にお支払いするお利息は、お預け入れ日または前回の中間利払日からその中間利払日の前日までの日数および中間利払利率(約定利率×70%。小数点第4位以下切捨て)により計算します。

(3)計算方法
付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算となります(1円未満は切捨てます)。

(4)利息課税方法
  • 個人のお客さまは分離課税(国税15.315%および地方税5%、合計20.315%)、法人のお客さまは総合課税(非課税法人の場合は非課税)となります。
  • お預け入れ金額が1,000万円以上のため、マル優のお取扱いはできません。
手数料
付加できる特約事項 個人のお客さまの場合、自動継続型は総合口座の担保とすることができます
(貸越利率は担保定期預金の約定利率に0.50%を上乗せした利率となります)。
中途解約時のお取扱い

満期日前にご解約される場合は、以下の中途解約利率(小数点第4位以下切捨て)により計算したお利息とともにお支払いします(1円未満は切捨てます)。

  1. お預け入れ日の1ヵ月後の応当日の前日までにご解約される場合

    A 1ヵ月未満/ご解約日における普通預金の利率

  2. お預け入れ日の1ヵ月後の応当日以降にご解約される場合
    次のAおよびBの算式により計算した利率(小数点第4位以下切捨て)のうち、いずれか低い利率とします。

    B 約定利率-(基準利率-約定利率)×(約定日数-お預け入れ日数)÷お預け入れ日数

    ※ただし、お預け入れ日の6ヵ月後の応答日の前日までにご解約される場合、上記利率がご解約日における普通預金の利率を下回るときは、その普通預金の利率とします。
    お預け入れ日の6ヵ月後の応答日以降にご解約される場合、約定利率に10%を乗じた利率を下回るときは約定利率に10%を乗じた利率とします。

    (注)基準利率とは、解約日において当初の満期日まで新たにお預け入れいただく場合に適用される利率を基準として算出した当行所定の利率をいいます。

【ご注意】
中途解約の際、中途解約利息以上に、既に中間払利息が支払われている場合があります。
その場合には中途解約利息以上に支払われた金額を定期預金元金から清算させていただきますので、あらかじめご了承ください。

お取扱い期間
当行が契約している指定紛争解決機関 一般社団法人全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室
電話番号 0570-017109 または 03-5252-3772
その他参考となる事項 預金保険が適用されます(同保険の範囲内で保護されます)。
その他の商品やサービスに関するお問い合わせ
0120-372-140
受付時間/9:00~17:00(銀行休業日を除きます)
ページトップへ